WordPressサイトの移行作業 通常移行とAll-in-One WP Migration移行

先日WordPressサイトの移行作業をしました。

サーバー間での移行ではなく、ドメインの移管作業ですね。

WordPressの移行作業は、とっても簡単です。

通常の移管方法と、プラグインを使った移管方法があります。

個人的には2つ目のプラグインを使った移管作業の方が後々楽なので、オススメですが、通常の方法とプラグインを使った方法の2つを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

WordPressには移管作業ができる機能が備わっている

WordPressには特別なプラグインを入れなくても、移管作業ができるような機能が入っています。

あくまでWordPressからWordPressへの移管ですので、移管先のドメインへもWordPressをインストールされていることが大前提となります。

「ツール」に「エクスポート」という機能があります。

移管前のサイトからWordPressのデータをエクスポート(抜き出す)ことができます。

「エクスポート」で「すべてのコンテンツ」にチェックを入れ、エクスポートファイルをダウンロードします。

次に、移管先の管理画面に入り、「ツール」から「インポート」を選択します。

ここで赤丸をつけた、Wordpressの「インポーターの実行」ボタンを押します。

これだけで基本的にはデータはすべて移管されます。

投稿記事、メディア(画像ファイル)などはすべて移管されるのでとても楽です。

一方、この移行作業で移管されないのが、テーマやカスタマイズ設定ですね。

自分のオリジナルのテーマを入れたり、カスタマイズを入れている場合はこの方法だと後からテーマなどを入れる必要があり、少し面倒です。

プラグイン「All-in-One WP Migration」を利用した移行作業

ここで便利なプラグインが、「All-in-One WP Migration」です。

管理画面の「プラグイン」から「プラグインを追加」で「All-in-One WP Migration」と検索をすると、このプラグインが出てきます。

このプラグインをインストールして、有効化します。

これは、移管前のサイトと移管後のサイトと両方にインストールし、有効化しておきます。

インストールをすると、管理画面の左側のメニューに「All-in-One WP Migration」のツールが表示されます。

まずは移管前のサイトから、「All-in-One WP Migration」の「エクスポート」をクリックします。ここでエクスポート先のファイルを選択することができます。

私は「ファイル」を選択しました。

緑色の枠で囲まれた部分をクリックするとエクスポートが開始されます。

無事にエクスポートできれば、エクスポートは完了です。

次に、移管先のサイトでインポートをします。

移管先のサイトの管理画面から「All-in-One WP Migration」の「インポート」を選択します。

ドラッグ&ドロップでアップロードと書かれている場所へ、先ほどエクスポートしたファイルを入れます。

注意事項が出てきますが、「開始」ボタンをクリックします。

「データを正常にインポートしました」というコメントが出て来れば、データ移行が完了です。

こちらの「All-in-One WP Migration」を使う方が、テーマやカスタマイズまで引き継げるのでとても楽です。

最後にURLの書き換え

データ移行の後にはそれぞれの投稿ページに問題がないかなどチェックする必要があります。

私がデータ移行をした際には、データ移行元のデータが結構ぐちゃぐちゃで、URLの変更ができていない箇所がありました。

その場合には、URL変更を一括でできる便利なプラグイン「Search Regex」を使います。

このプラグインは、サイトの中にあるURLを一括で変更することができます。

サイトをSSL化する際に、「http」から「https」へ一括変更した際にもこのプラグインを使いました。

ロリポップの独自SSL証明書導入を使い、無料でHTTPS化
HTTPS化、皆さんは対応されましたでしょうか? Webで絶大な影響力を持つGoogleが常時SSL化を推進した結果、Webサイトの常時SSL化が当たり前になりました。 私も修正しよう修正しようと思いながらも...

使い方は簡単です。

まずはプラグインの追加からインストールをし、「ツール」から「Search Regex」を選択します。

「Search Pattern」へ変更したいURL

「Replace pattern」へ変更後のURL

を入れて、「Replace&Save」を押すだけです。

一括ですべてのURLが入れ替わってしまうので、心配な場合には、「Search」や「Replace」を使い、確認してみることをお勧めします。

「Replace&Save」を押さなければ、保存されません。

以上で、Wordpressのデータ移行は終了です。

なかなかWordpressのデータ移行をする機会はないと思うのですが、いざやるときには気が重くなるものです。

「All-in-One WP Migration」というプラグインを使うとかなり楽になるので、お勧めです。