WordPress サイトをコピー禁止にするプラグイン

WordPressでサイトをコピー禁止にするプラグインを紹介します。

プラグインの名前は「WP-Copyright-Protection」です。

DeNAのWelq問題やNaverまとめなど、ネット上でのコピー記事、画像の無断使用問題が話題になっています。

自分のサイト記事を勝手にコピーされるのがどうしても耐えられないと言う場合、初心者におすすめなのがプラグインを使ったコピー禁止処置です。

「WP-Copyright-Protection」を使うことにより、記事の選択、コピーをすることができなくなります。

※「WP-Copyright-Protection」というプラグインは、テーマとの相性が悪いと不具合が起こる場合があります。ご使用の際にはご注意ください。

例:WordPress カスタマイズ画面が変更できない不具合

それでは「WP-Copyright-Protection」のインストール方法を紹介します。

1、「プラグイン」から「新規追加」を選択

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-12-04-13

管理画面のメニューボタンの中の「プラグイン」ボタンを押し、プラグインの新規追加を行います。

2、「WP-Copyright-Protection」をインストール

キーワード欄に「WP-Copyright-Protection」と入力し、プラグインをインストールします。

インストール後に「有効化」ボタンを押すと、サイトへ反映されます。

これで設定は終わりです。簡単に導入できました。

通常のサイトでは下記の写真のように、簡単にテキストの一部を選択することができます。

プラグイン「WP-Copyright-Protection」を有効化すると、テキストの一部を選択することもコピーすることもできなくなります。

これでWordPressでサイトをコピー禁止にするプラグイン「WP-Copyright-Protection」の紹介を終わります。

スポンサーリンク