Principle:ウェブマスターツールの設定が解決

Principleのテーマは、Google AdsenseとGoogle Analyticsのコードを貼り付ける位置はとてもわかりやすいです。

一方、ウェブマスターツールのコードをどこに貼り付けたら良いのかわからず、使い始めた当初に困ったことがあります。

ウェブマスターツールって何?

ウェブマスターツールは、WebサイトがGoogleにどう見られているかを知ることができるツールです。

ペナルティなどの重大な問題点も把握できるため、導入しておくことがおすすめです。

スポンサーリンク

Principleにウェブマスターツールのコードを貼る方法

Principleにウェブマスターツールのコードを貼る方法を紹介します。

※ファイルを直接いじる場合には、事前にバックアップをとっておくことをお勧めします。ファイルの改変は全て自己責任でお願いいたします。(詳しくはトップページのメニューにある利用上の注意をご覧ください。)

1、ウェブマスターツールでコードを取得する

ウェブマスターツール管理画面の「プロパティの追加」ボタンを押し、ブログのURLを入力します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-2-13-26

サイトの確認をするための方法がいくつも提示されます。

この画像の画面が始めに出てきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-2-13-49

「別の方法」を選択すると、HTMLタグを貼り付ける方法が出てきます。

今回は、HTMLタグを貼り付ける方法でサイトの認証を行います。

2、Principleのファイルにコードを貼り付ける

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-1-44-27

「外観」→「テーマの編集」を選択します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-1-44-34

「テンプレート」の上部にある「Principle」リンクをクリックします。

「Principle」をクリックすると、親テーマ「Principle」のファイルが出てきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-2-39-29

親テーマ「Principle」のファイルの中から、「header.php」ファイルを開きます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-14-32-25

ウェブマスターツールのタグは、<head>から</head>の間のいずれかの位置に貼り付ける必要があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-13-50-11

</head>の直前にコードを貼り付けたところ、無事サイトは認証されました。

今の所、特に問題は起こっていません。

以上が、WordPressの無料テーマPrincipleにウェブマスターツールのコードを貼り付ける方法です。