WordPress無料テーマ PrincipleのDLと設定

WordPressの無料テーマPrincipleのダウンロードと初期設定について紹介します。

Principleの特徴は、初心者向けのWordPressテンプレートであることです。

そして簡単な設定で、すぐに収益化に結び付けられる作りになっているのも特徴です。

ソースコードをいじらなくてもGoogle Adsenseなどの広告を簡単に貼ることができます。

そしてテーマ自体にSEO対策がされていますし、各種端末に合わせたレスポンシブルなデザインになっています。

最近人気が上がってきたテーマです。

1、Principleのダウンロードとインストール

Principleのテーマを使いたい方は、Principle公式サイトより最新版のテーマをダウンロードしてください。

Principle公式サイト

公式サイトからPrincipleのテーマと子テーマの2つのファイルをダウンロードします。

ダウンロードの方法は、公式サイトの指示に従ってください。

ダウンロードしたファイルはZIP形式へ圧縮します。(圧縮されていない場合)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-13-25-44

「外観」→「テーマ」のページを開き、「テーマのアップロード」ボタンを押します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-13-25-58

「ファイルの選択」で、自分のパソコンに入っているPrincipleのZIP形式のデータを選択し、「今すぐインストール」ボタンを押します。

Principle、Principle-childの両方をインストールしてください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-1-37-39

2つのファイルのインストールが終わったら、子テーマ(Principle-childと書かれた方)を「有効」にします。

これでインストールは終了です。

2、Principleの基本カスタマイズ設定

Principleをインストールしテーマを有効にした後、まずはWordPressの基本的な設定を行います。

基本的な設定については、下記の記事を参考にしてください。

WordPress  管理画面でまず1番初めにすること
WordPressをインストールして、管理画面へログインした後に、まず1番初めにすることを紹介します。 WordPressをインストールした直後のページはこのようになっています。 味気ないサイトですね...

次にPrincipleのカスタマイズを行います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-1-44-27

「外観」→「テーマの編集」を選択します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-1-44-34

右側にこのようなファイルの一覧が現れます。

Principleは基本的に子テーマのファイルをカスタマイズします。

「ad-300」へはGoogle Adsenseの300×250レクタングルのコードを入れます。

「ad-336」へはGoogle Adsenseの336×280レクタングル大のコードを入れます。

「ad-responsive.php」へはGoogle Adsenseの320×100モバイル用バナーのコードを入れます。

(テーマ上では320×50を推奨していますが、320×50のバナーはないため320×100を入れています。今の所特に問題はありません)

「analytics.php」へはGoogle analyticsのコードを入れます。

上記以外に「スタイルシート」で簡単にサイトのデザインを変更することができます。

基本的なサイトのデザインの変更は、公式サイトの超簡単カスタマイズという記事をご覧ください。

一通り基本カスタマイズを試してみることをお勧めします。

→Principle公式サイト 超簡単カスタマイズ

スポンサーリンク